赤坂居酒屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤坂居酒屋 日本国内で増える韓国風メニュー 韓流ブーム、「食」も席巻か

<<   作成日時 : 2011/07/31 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KARAや少女時代の曲がヒットチャートをにぎわせているが、この韓流ブームは飲食品や外食業界にも及んでいるようだ。

 韓国のロッテ酒類は9日、今年前半期に日本に輸出した微炭酸タイプの缶入りマッコリ「ソウルマッコリ」が100万4779箱であることを明らかにした。これはサントリー酒類、ソウル長寿と共同で開発した日本オリジナルの商品で、今年の目標値は当初35万箱だったが60万箱に上方修正した。

 「日経トレンディ7月号」では、「大胆予測 ニッポンを元気にするヒット商品」と題した巻頭特集で、上半期ヒット商品のひとつとして「ソウルマッコリ」を挙げている。

 また、日清食品株式会社は13日、「純豆腐 スンドゥブチゲスープ」を全国で新発売した。同社によると、「スンドゥブチゲ」は近年女性の間で注目度が高く、専門店には行列ができるほどだという。また、専門店も全国展開が進み、チェーンを含めると約150店舗に上っている。それほど人気の高い韓国料理が、家庭で手軽に味わえるようにしたことがウリだ。

 一方、外食産業もこの流れに着目。大手ファミリーレストランチェーンのデニーズでは、「デニーズ流 韓国」フェアを21日〜7月20日まで開催するという。

 8種野菜の冷たいクッパ730円、たっぷり野菜のプルコギ風ハンバーグ880円、四元豚のトンテキ コチュジャン風味980円、さっぱりカペリーニ冷麺風とミニ牛カルビ丼980円、牛焼肉とキムチのビビン麺830円、四元豚とキムチの焼きチーズごはん830円、参鶏湯(サムゲタン)のごはんセット450円など、夏に向かうこの時期に食欲を刺激するメニューを取り揃えた。

 K-POPのみならず、飲食品や外食にも影響を与えつつある韓流は、日本で定番化するのか。今後の動向が注目される。


(加藤 秀行 、 簗瀬 七海)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤坂居酒屋 日本国内で増える韓国風メニュー 韓流ブーム、「食」も席巻か 赤坂居酒屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる