赤坂居酒屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤坂居酒屋 渡辺謙主演で映画『はやぶさ』が始動!プロジェクト・マネージャー役に!映画のプロジェクト・

<<   作成日時 : 2011/07/01 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年から2012年にかけて公開される小惑星探査機はやぶさを題材とした映画の製作が次々と発表される中、国内大手配給会社・東映が手掛ける映画『小惑星探査機 はやぶさ -遥かなる帰還-(仮題)』の主演を俳優・渡辺謙が務めることが発表された。昨年1月にいち早く、はやぶさの偉業を成し遂げたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力のもと、映画を製作することを発表していた東映だが、製作を務める坂上順プロデューサーは、「(映画製作の交渉をするため)JAXAに飛び込んだら、すでに8社が交渉に来ていた。渡辺謙さんの所に行って、断られたらやめようとだめもとでお願いをしにいった」と当初から渡辺ありきの企画であったことを明かす。坂上プロデューサーの申し出を快諾した渡辺は、実際のはやぶさプロジェクトでプロジェクト・マネージャーを務めた川口淳一郎教授がモデルの山口駿一郎にふんし、自身は映画のプロジェクト・マネージャーの名のもと、映画の製作にも積極的にかかわっていくという。

 本作で渡辺が演じる山口のモデルとなった川口教授は、プロジェクト・マネージャーとして、はやぶさプロジェクトの企画、実行、広報活動まですべてに携わり、社会におけるはやぶさの位置を確立した人物。メガホンを取る映画『犯人に告ぐ』『星守る犬』の瀧本智行監督は、「宇宙開発というのは職人世界。その肌合いは映画人に似ている」と語ったが、すでに川口教授と酒を酌み交わして語り合う仲になったという渡辺も、「(川口教授は)はやぶさプロジェクトの成功のカギを、根性だとおっしゃった。そこが共感でき、好きだと思った」とすっかり意気投合した様子。「自分もこの映画で、川口教授の影を追いつつ、プロジェクト・マネージャーという役目を務めていきたい」と自身も映画のプロジェクト・マネージャーという肩書きを冠し、映画に携わっていく意気込みを語った。

 『小惑星探査機 はやぶさ -遥かなる帰還-(仮題)』は、ノンフィクション作家・山根一眞の「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」を原作に、原作に多数盛り込まれた対談、50人以上に実施した取材からはやぶさプロジェクトに携わった人々のキャラクターまでも忠実に再現。渡辺演じる山口を中心に、プロジェクトを支えた男たち、はやぶさを7年間取材し続ける中で親子のきずなを取り戻していく女性記者、プロジェクトを底辺で支える町工場の老技術者、はやぶさの帰還を待ちわびる少年などの姿を描いていく。ちょうど8年前、2003年5月9日、鹿児島県内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、途中行方不明となるなどの困難を乗り越え、小惑星「イトカワ」に着陸し、微粒子を持ち帰るという偉業を成し遂げたはやぶさ。その偉業を題材とした映画は、すでに角川映画フィルムインクが配給を手掛けるドキュメンタリー映画、ハリウッドメジャー映画スタジオ・20世紀フォックス映画が製作を手掛け竹内結子が主演を務める映画、国内大手配給会社・松竹が3Dで製作する映画などの製作も発表されており、強豪がひしめいている。そんな中、渡辺は他作品に負けない本作の魅力を「はやぶさが行って帰って来たこと自体が非常に大きなドラマ。そのことにきちんとフォーカスをあてていきたい。華美な脚色であったり、横道にそれたりするのではなく、はやぶさのプロジェクトの立ち上がり、とん挫、帰還を正面からきちんと描いていきたい」と語った。映画は、渡辺と火花を散らすことができる役者を脇にすえ、5月中旬にはリハーサルを開始し、20日にクランクイン、海外ロケなどを経て、12月の完成を予定している。(編集部・島村幸恵)

映画『小惑星探査機 はやぶさ -遥かなる帰還-(仮題)』は2012年全国公開予定

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤坂居酒屋 渡辺謙主演で映画『はやぶさ』が始動!プロジェクト・マネージャー役に!映画のプロジェクト・ 赤坂居酒屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる