赤坂居酒屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤坂居酒屋 ビールでごはんを炊きました! 最強「カレーピラフ」

<<   作成日時 : 2011/06/26 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東日本大震災以降、食生活にもさまざまな影響が出ている。乳幼児のいる家庭では、水への配慮が必要なこともあるだろう。そして電力消費のハイシーズンを前に、これからは、節電対策も意識したいところだ。水がなくてもできる料理はないか、電力控えめで作れる料理はないか。そんなストレートな疑問を抱いた0歳児を抱える著者が、思い切ったレシピを考案! トマトジュース、牛乳からノンアルコールビールまで、水の代わりにあれこれ使って“おいしい”料理をお試しする!

もし災害で断水したら…原子力発電所から放出された放射性物質で水道水が汚染されて0歳児以下の乳幼児の水道水の摂取制限が出されたら…。そんな時に備える「水を使わないレシピ」の試し第2弾は、なんとビールで炊いたごはんです。

 実は妊娠時から授乳中の今まで、一番「がまん」の対象になってしまった大人の飲み物といえば、お酒です。

 今、愛飲している大人の飲み物といったら、ノンカフェインのインスタントコーヒーと、ノンアルコールビールだけ。

 震災後、スーパーからミネラルウォーターは消えましたが、ノンアルコールビールは店頭に残っていたので、「あーよかった!」と声に出してしまったほど、愛飲してます。

 売り切れていない…もしかして、これは使えるのでは? 

 ということで今回は、ビール(ノンアルコールビール)を使ってみました。

 ビールは、和食でも、洋食でも中華でも、どんな料理とも相性がいい飲み物。ということは、料理に使ってもきっと役割をしてくれるはずと期待も高まります。

 試してみたのはビールでごはんを炊いて作ったピラフ。ビールの苦みにカレー粉でスパイシーさをプラス。コクのある深い味に仕上がりました。ビール特有の苦みは、ほんのりかすかに感じる程度です。

 付け合わせとして、アボガトとフルーツトマトをわさび醤油ドレッシングで和えるだけのサラダも用意しました。アボガトは皮をむいてカットするだけなので、水で洗う必要なし。トマトも水で洗うことができなければ、皮をむくなどします。

 できあがったカレー風味のビールピラフに、アボガトとトマトのサラダ、そしてピラフを炊いた残りのビールで乾杯! といきたかったのですが、残りのビールは調理中に飲んでしまいました。でも、ノンアルコールですからね。キッチンドランカーとは呼ばないように。

作り方:「カレー風味のビールピラフ」はこうしてできた

[1]玉ねぎ、にんにくはみじん切りにしておきます。ピーマン、パプリカは1。5cm角に切ります。ウィンナーは輪切りにしておきます。

[2]深めのフライパンにサラダ油またはオリーブオイルを適量入れ、中火でにんにく、玉ねぎのみじん切りを炒めます。写真のフライパンは直径20cmです。

[3]玉ねぎが透きとおってきたら、ピーマン、パプリカ、ウインナーを入れ、軽く炒めます。

[4]お米を入れ炒めます。お米は粘りを出さないために洗わないで入れます。

[5]お米に油が回ったら、ビールを入れます。

[6]カレー粉を入れます。固形スープの素を砕いて入れます。塩2つまみ程度入れ味を調え、コショウも振ります。

[7]フライパンに蓋をします。蓋がなければアルミホイルで覆い蓋にします。弱火で15分程加熱します。

[8]15分後に蓋を開けてみて、お米が柔らかく炊けていればでき上がりです。表面のお米がまだ固いようであれば、さらに2分〜3分加熱してください。

作り方:これも水いらず!「アボガトとフルーツトマトのサラダ」

[1]アボガドは、皮をむいて種を取り、1口サイズに切る。トマトは、くし型に8等分に切る。

[2]ドレッシングの材料をよく混ぜて、[1]に和えます。

(写真・文・レシピ/宮土 清加)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤坂居酒屋 ビールでごはんを炊きました! 最強「カレーピラフ」 赤坂居酒屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる